マルカングループ

≡MENU

書籍/文庫ランキング

1位
文庫本ランキング1位

素敵な日本人

東野圭吾  出版社/光文社  価格/¥700

一人娘の結婚を案じる父に、娘は雛人形を指差して大丈夫という。そこには亡き妻の秘密が……。(「今夜は一人で雛祭り」)独身女性のエリーが疑似子育て体験用赤ちゃんロボットを借りたところ……。(「レンタルベビー」) 世にも珍しい青色の猫。多くの人間が繁殖を目論むが……。(「サファイアの奇跡」)日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリ5編を収録!

2位
文庫本ランキング2位

合理的にあり得ない 上水流涼子の解明

柚月裕子  出版社/講談社  価格/¥700

不祥事で弁護士資格を剥奪された上水流涼子は、IQ140 の貴山をアシスタントに、探偵エージェントを運営。「未来が見える」という人物に経営判断を委ねる二代目社長、賭け将棋で必勝を期すヤクザ……。明晰な頭脳と美貌を武器に、怪人物がらみの「あり得ない」依頼を解決に導くのだが――。美貌の元弁護士が、知略をめぐらす鮮烈ミステリー! 『孤狼の血』、『慈雨』の著者、渾身作!!

3位
文庫本ランキング3位

ペスト

アルベ-ル・カミュ  出版社/新潮社  価格/¥750

アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、人間性を蝕む「不条理」と直面した時に示される人間の諸相や、過ぎ去ったばかりの対ナチス闘争での体験を寓意的に描き込み圧倒的共感を呼んだ長編。

4位 大河の一滴 五木寛之 幻冬舎 ¥476
5位 これは経費で落ちません! 7 〜経理部の森若さん〜 青木祐子 集英社 ¥570
6位 林民夫 幻冬舎 ¥580
7位 金の色彩 日雇い浪人生活録(九) 上田秀人 角川春樹事務所 ¥640
8位 首都感染 高嶋哲夫 講談社 ¥950
9位 死者の復活 傭兵代理店・改 渡辺裕之 祥伝社 ¥780
10位 爽年 石田衣良 集英社 ¥500