マルカングループ

≡MENU

書籍/一般書ランキング

1位
一般書ランキング1位

白鳥とコウモリ

東野圭吾  出版社/幻冬舎  価格/¥2,200

『白夜行』『手紙』……新たなる最高傑作東野圭吾版『罪と罰』

2位
一般書ランキング2位

推し、燃ゆ

宇佐見りん  出版社/河出書房新社  価格/¥1,540

【第164回芥川賞受賞作】逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。

3位
一般書ランキング3位

新 謎解きはディナーのあとで

東川篤哉  出版社/小学館  価格/¥1,760

本屋大賞第1位&シリーズ累計420万部突破の国民的ユーモアミステリ、待望の新章スタート!!宝生麗子の後輩に天然キャラの新米刑事・若宮愛里が加わり、警視庁に栄転した風祭警部は大きなミスを犯して国立署に舞い戻り、新たなメンバーで難事件に挑むが――!?富豪の家で"無人だった"はずの部屋から発見された長男の首吊り死体の謎。鍵のかかった土蔵で見つかった骨董好きの老人の遺体と血文字のダイイング・メッセージの謎。雑居ビルの裏で発見された墜落死体とそのポケットに入っていた血の付いたナイフの謎。シェアハウスで殺された看護師と5つの目覚まし時計の謎。アパートで殺害されたイケメン大学生と建設作業員が"煙草を吸っている間に"目撃したという怪しい男の謎。執事探偵・影山の推理と毒舌が冴えわたる、本格ミステリ全5編。

4位 スマホ脳 アンデシュ・ハンセン 久山葉子 新潮社 ¥1,078
5位 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。 青柳碧人 双葉社 ¥1,485
6位 ひとりをたのしむ 大人の流儀 10 伊集院静 講談社 ¥1,000
7位 魂手形 三島屋変調百物語七之続 宮部みゆき KADOKAWA ¥1,760
8位 精神科医が見つけた3つの幸福 樺沢紫苑 飛鳥新社 ¥1,650
9位 よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑 大野萌子 サンマ-ク出版 ¥1,540
10位 人は話し方が9割 永松茂久 すばる舎 ¥1,540