マルカングループ

≡MENU

書籍/一般書ランキング

1位
一般書ランキング1位

一切なりゆき 樹木希林のことば

樹木希林  出版社/文藝春秋  価格/¥800

2018年9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されました。樹木さんを回顧するときに思い出すことは人それぞれです。樹木さんは活字において、数多くのことばを遺しました。語り口は平明で、いつもユーモアを添えることを忘れないのですが、じつはとても深い。表紙に使用した心が和むお顔写真とともに、心に沁みる樹木さんのことばを玩味していただければ幸いです。

2位
一般書ランキング2位

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!3

鴻池剛  出版社/KADOKAWA  価格/¥1,000

笑える猫マンガ、第3巻!子猫アルフがやってきて一年。最初は仲が悪かったぽんたとアルフもすっかり慣れてきたけれど・・・!?自由きままな猫たちと相変わらず振り回されっぱなしの作者・剛の怒涛の毎日!

3位
一般書ランキング3位

日本国紀

百田尚樹  出版社/幻冬舎  価格/¥1,800

私たちは何者なのか――。神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である! 当代一のストーリーテラーが、 平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!

4位 トラペジウム 高山一実 KADOKAWA ¥1,400
5位 メモの魔力 The Magic of Memos 前田裕二 幻冬舎 ¥1,400
6位 医者の本音 中山祐次郎 SBクリエイティブ ¥820
7位 学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 ¥1,450
8位 府中三億円事件を計画・実行したのは私です。 白田 ポプラ社 ¥1,000
9位 「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 百田尚樹 産経新聞出版 ¥880
10位 本と鍵の季節 米澤穂信 集英社 ¥1,400